« 絶望饅頭 | トップページ | おやすみ »

2010年1月22日 (金)

キリコォォォォォ

ザックラとは全然関係ない叫びですいません。ついうれしくて。

今の会社にわりと趣味の合うオタクな営業さん(♀)がおりまして。いままでボトム/ズスキーで雪/風スキーな同性なんておめにかかったことなかったぜ。時折仕事うっちゃってオタク会話で盛り上がってます。山陰のマイ・オアシス。

春には新作出るみたいだよ〜という夢のような話をしていた年末。ついこないだN/HKのびーえすで「装/甲騎/兵ボ/トムズ ペ/ールゼンフ/ァイル劇場版」やってまして。ペ/ールゼンファ/イル劇場版はよい出来ですがなぜNH/Kで?なんてこと言いつつ、わ〜いわ〜いと盛り上がってましたです。ところどころ使われているCGと挿入歌に多少の違和感はあったけど、今作ればそうなるだろうなぁ。なんにせよATに乗るキリコが見られるのはとってもうれしいわぁ。そんでコレ。TV版26年後で完全新作!これが喜ばずにいらりょーか?いや、いられまい。も、狂喜乱舞ですよ。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323697.html

異能生存体なんて設定自体もうツボなのにさ〜。

で、ボトムズの魅力。もちろんATバトルシーンもあるし、軸のぶれないストーリーや人間くさいキャラ達っていうのもまずあるですよ。最近のアニメのように見る者に媚びた作りはしていないのがうれしい。別に媚びてもいーけど、軸のぶれたストーリーだけは勘弁してくれなのだ。

ザックラの魅力ってのは、大切な者を守って力尽きるっていうある意味闘う者としては理想の死が前提にあるんですよね。私の場合、公式ってのはあくまで公式でしかない。公式にひれ伏す気は毛頭無くソレはソレ。公式設定の状況使ってザックスをクラウドの元に戻してやんよというのがあったりね。ある意味公式への挑戦(苦笑)

そんでボトムズですが、こっちはある意味逆なんですよ。だって主人公キリコは死ない主人公なんだもん。死ない主人公の最右翼といえば超人ロック(古い)だけど、ロックの場合は最早火の鳥レベル。ロックと違ってキリコは死ない主人公なの。この違いは大きい。この兄さん、敵対する双方の陣営軍上層部に翻弄されまくり、しまいにゃ銀河の歴史を裏から操るワイズマンの後継者に指名なんて場所にまでいってしまうのだけど、それすらも予定調和と言われる始末。ま、キリコはそれを倒しちゃうんだけどね。予定調和をぶっ壊すのだ。

大きな力に翻弄され続けてきた彼にとって、今度は翻弄する方になることの魅力なんて欠片もないんだろうなぁ。これがまたナイスなんだよな。ほんと身ひとつ。そんな彼は、ラストで最愛の女性のフィアナとコールドスリープに入って宇宙にカプセル流される。このフィアナもただ者ではないし。彼女は軍に開発されたPS(パーフェクトソルジャー寿命2年)でね。戦場のキリコと同レベルの女性ってのもスゴイよなー。

高/橋良輔/監督、やっぱ神!

というわけで、ボトムズへの愛を叫んでみる私。

« 絶望饅頭 | トップページ | おやすみ »

コメント

雫さん いらっしゃいませ〜。

こちらこそ〜〜、絵茶楽しかったです。

をを、意外な方向にボトムズスキーさんがいらっしゃった!私も当時はちゃんと見れていなくて、全部通してみたのた成人してからでした。ええ、三日かけて全話見ました。当時は今のように録画環境は全然でしたからねぇ。リアルタイムで見るしかなかった。そしてイプシロン!彼は可哀想でした。でもってあの身体には私もモハモハしましたよぉ〜。もーちょっといきて欲しかった。

あの最終話、フィアナの寿命があるからあーなっちゃうのかなと思いつつ誰にも邪魔されずずっと二人きりってのもいいなぁと思っても見たり。

ボトムズは、TVシリーズとOVAの赫奕たる異端とペールゼンファイルとありますです。今見ても全然飽きないし古くなく、むしろマイ名作ランクでも上位です。

主題歌格好良すぎであの曲が流れてくるとピクンと反応します(笑)

こんばんは、雫です。昨夜は遅くまで絵茶にご参加くださりありがとうございました。
そしてボトムズ!!
学生の頃、必死こいてみてました!
前半は部活でどうしても見られなくて、ビデオは親父だけのものだったから録画も出来ず、だからそこらへんはさっぱりなんですが
後半は部活も引退したので、学校が終わると自転車ぶっ飛ばして高速帰宅して、開始三分前にテレビの前に到着して
自転車こぎすぎてがくがく震える足で、テレビにかじりついて
「キリコォォォォォォォ!!!!!!!!!!」と
愛を叫びながら見ていましたよ。
イプシロンが結構好みの体をしているとモハモハしてましたよ。
死んじゃった時は悲しかった!!
そしてあの最終話は、それしかないのかーと思いながら
ヒトとしての限界を超えてしまった彼らにはそれしかないのかなと
思ったりもしたものです。
今はDVDとかも出ているから全話、ちゃんと見直してみようかな。
ボトムズ、あの頃の私内でも上位ランキングされる名作ですよ。
主題歌もかっこよかった!!

ああ、熱く語りすぎました。
ではではここいらで失礼いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリコォォォォォ:

« 絶望饅頭 | トップページ | おやすみ »