« | トップページ | るろ剣みてきた その2 »

2014年8月13日 (水)

るろ剣みてきた

今年の夏は自宅でまったり。来週ちょっとバタバタするかな?


というわけで、先日るろ剣見てきました。前作の印象から楽しみにしていたのでわーいわーいってなモンです。

感想、面白かった!あれをどう決着つけるのか楽しみ~~♪

全体的にすべて原作忠実というわけではないですが、世界観や各キャラはそのまんまでしたねぇ。志々雄真実の悪逆っぷりとか、宗次郎のそのまんまさ加減とか納得しちゃいましたよ。人気コミック原作付きなのに、よくもまぁここまで世界観壊さず創り上げたなぁと思いました。なにより、アクションのスピードが凄い。殺陣、打ちあいの手数なんてスゲーモンです。

以下、ネタバレしつつ、つらつら思い浮かぶままに書いていきますね。たたんでおきますんで、興味のある方はどぞ、れっつらごーしてくださいませ。

たける君、前作より剣心役がしっくりきていたなぁ。和服の着こなしも抜刀術も板についていて、アクション殺陣もスゲーです。ラスト近くだったかな、京の町を焼こうとする志々雄一派と戦闘、屋根に飛び上がって駆け抜けて、馬に乗って疾走ってシーンがね、圧巻でした。

新月村、志々雄の恐怖に支配され、見せしめに嬲り殺され吊された村人夫婦を降ろす時、地面に落とさないよう綱の力加減するシーン、彼の優しさや気配りが見えていいなぁ。家族を殺された少年の慟哭、彼の演技もTVの子役のような万人受けする演技じゃなくてよかったなぁ。

十本槍、じゃない十本刀の、刀狩りの張かな?金髪ツンツンたてちゃって、普段は大阪のヤンキー(発音は、やんきー。下がって上がる)してんのやなぁなってキャラで、ワロタです。

操ちゃんとお庭番衆、ステキ。操ちゃん役もきっちりアクションこなしていたのが凄かった。翁、アクション無しなら笹野高史さんでもいいような感じなのですが、蒼紫とのバトルがあるのでやはり今回の田中さんはまり役かも。いやぁ、それにしても爺の戦い方は狡猾でいいなぁ。葵屋でバトルなもんだから、あちこちに武器が隠してあったり、障子や襖も使ったりと、見応えあったです。ただねぇ、蒼紫の扱いがちょっとビミョーな感じでした。原作では、観柳の用心棒でって設定だったけど、映画では前作出てきてないから、ちょっと彼の行動、動機の部分に納得できかねたです。あ、イメージ的には伊勢谷さん似合っておりました。

そんで、斉藤一。相変わらず、いーケツしてんなぁなんつーか、前回よりもしっくり役にはまっているのは、たけるくん以上なんじゃないでしょうか?シャープになって野性味増しているのは、きっと志々雄一派にやまほど部下を殺されたり、官憲としての使命感とか、追い詰められ感が半端ないせいでしょうか?



あと、え?と思ったのは、実は京都炎上は大規模な陽動でしかなく、志々雄一派は実は煉獄で東京目指して出航するんだけど、薫ちゃんが宗次郎に拉致られちゃったもんだから、彼女追いかけて剣心が京都からどこまで突っ走っていったのか、最初わかんなかったのよね。だって、京都には海ないし、滋賀まで行けば琵琶湖あるけどそこじゃないし、じゃぁ、淀川出た?ってか、淀川下れる??やっぱ大規模に造船してんだから、ここは大阪湾だよねぇ?JR京都から大阪南港までなら、JR使って2時間はかからないし、そんなもんか(ヲイ)
京都から大阪湾まで馬に乗って・・一頭でいけるんだ・・・・。馬は、乗り換えてないよねぇ?馬で一気に駆けられる距離なにゃねぇとか、妙なところが気になって、帰路スマホでググっちゃいましたわ(笑)(←連載はリアルタイムで読んでいたがコミックで読み直してないから、記憶が残念なことになっているのだった。)




そんで、やっぱ美味しいとこかっさらっていくのは、あのお人でございました~。そう、不老の術が実はあるんじゃないかという噂の、あの流派のお師匠様でござーます。あんたはんなら、志々雄なんて対して苦労なしで倒せるじゃん・・・・ってお人ですな。


というわけで、長時間飽きることなかったです。いやぁ、この夏一押しですな♪

« | トップページ | るろ剣みてきた その2 »

コメント

いいなー。
ビスも早く見たいみたい!!

おっししょう様でるの?! ノーチェックですた。それは超楽しみ。
斉藤さんて、今は藤田さんだっけ?誰もその名で呼んでないよね(笑)
前回も何気にハマってはったので、今回もお尻が楽しみっす!

早くいかないと夜しか上演しないうえに、2.3連観ってことになるかもだよね。


元気にしてる?
めっちゃお仕事忙しい?
また遊んでね~v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: るろ剣みてきた:

« | トップページ | るろ剣みてきた その2 »